確かな安心を支える、堅牢な基本構造。

良好な地盤に建築した直接基礎

建物の床下を鉄筋コンクリートで固め、地表近くの地盤で建物を面で支える「直接基礎」を採用しています。地下深くに杭を打ち込み、建物を点で支える杭基礎とは異なり、床下で面的に建物を支える、安定した基礎構造です。

写真

溶接閉鎖型せん断補強筋

主要な柱部分には帯筋の接続部を溶接した、溶接閉鎖型帯筋を採用しました。溶接による安定した強度の確保によって、地震時の主筋のはらみ出しを抑制して、柱の拘束力を高めます。(※一部除く)

写真

ダブル配筋

耐震壁としての役割を果たす戸境壁は、縦・横ともに鉄筋を2列に組み上げたダブル配筋としています。シングル配筋に比べて高い構造強度を実現し、耐震性を高めています。(※一部除く)

写真

鉄筋のかぶり厚さ

鉄筋を包むコンクリートのかぶり厚を建築基準法に定められた数値より約10mm厚く設定しました。コンクリートのかぶり厚が厚いほど、鉄筋の錆びを長期間にわたって抑制しやすくなります。

写真

ボイドスラブ工法

住戸内は一般的な工法よりスラブを厚くし、小梁を出さず開放的な空間にしています。(※一部除く)

写真

コンクリート強度

地上部躯体のコンクリート設計基準強度を、27N/mm²(1m²で約2,700tの圧縮に耐える強度)以上に規定。水セメント比も50%以下とし耐久性を高めます。(※外構除く)

写真

排水管まわりの遮音対策

排水管には遮音シートを巻き付けています。さらには居室がパイプスペースや水まわりに隣接する場合はプラスターボード貼りとして、遮音性に配慮しています。(※洋室(1)、(2)に面するパイプスペースのみ)

写真

T-2等級サッシ

十二所前線に面する住戸のすべての窓には、T-2等級相当の防音サッシを採用。居室内への外部からの音の影響を軽減しています。(※一部除く)

※サッシの表示性能は、JISの基準による当該製品の単体性能であるため、実際には窓の大きさ・場所・周辺環境等により性能は異なります。
※上記以外の窓はT-1等級相当のサッシとなります。

写真

二重天井構造

配線・配管をできる限りコンクリートに埋め込まないように二重天井を採用。躯体を傷つけないよう配慮するとともに、将来のリフォームなどに備えたメンテナンス性を高めています。

写真

玄関ドアの対震枠

地震時の揺れによって玄関ドア枠が変形した場合でも、ドアが開き避難路を確保できるよう、ドアとドア枠の間に隙間を設けた対震ドア枠を採用しています。

写真

防災備蓄倉庫

大きな地震が発生した場合に備えて、暮らしをサポートする様々なアイテムを備えた防災備蓄倉庫を、共用部に設置しています。

写真

地震時管制運転機能エレベーター

地震・火災時管制運転や停電時自動着床装置などを備え、安全性に配慮したエレベーターを設置。エレベーターの故障発生時には、保守会社へ自動通報します。

写真

LL-45等級相当の床構造

椅子を移動した時や、食器が落下した時などの軽量衝撃音の軽減に配慮して、遮音性能の高いLL-45等級のフローリング材を採用しています。

※遮音等級についてはメーカー公表のものであり、実際住戸における遮音性が劣ります。

写真

24時間換気システム

外気を常に取り入れ、住戸内に通した後で外に排出する24時間換気システムを導入。冷暖房中なども窓を開けることなく換気が行えます。

写真

低ホルムアルデヒド仕様

シックハウス症候群の主な原因とされるホルムアルデヒトがほとんど放出されない、F☆☆☆☆等級のフローリング材や合板を使用しています。

写真

※μg(マイクログラム):100万分の1gの重さ。放散速度1μg/㎡hは建材1㎡につき1時間当り1μgの化学物質が発散されることをいいます。
※建築物の部分に使用して5年以上経過したものについては、制限なし。

〈資料先:国土交通省〉

公正で客観的に評価する住宅性能評価書を取得

国土交通省が指定する第三者機関が住宅の性能を調査し、客観的かつ公正に評価する住宅性能表示制度。都市環境開発のマンションでは原則、「設計住宅性能評価書」と「建設住宅性能評価書」を取得しています。

【住宅性能表示の区分概要】
●構造の安定
●火災時の安全
●劣化の軽減
●維持管理・更新への配慮
●温熱環境
●空気環境
●高齢者等への配慮

瑕疵担保保険『ハウスプラスすまい保険』

住宅瑕疵担保保険法で義務づけられた資力確保の措置のひとつとして、事業者が住宅専門の保険会社に加入する保険です。これにより万一、事業者の倒産などにより、瑕疵の補修等が行われない場合には、購入者の方に保険会社から保険金が支払われます。

※事業者が倒産した場合の保険金等の金額は瑕疵の補修費用から免責金額(10万円)を除いた額の100%となり、補修を前提として住宅所有者に支払われます。また、住宅取得者と事業者の間で紛争が生じた場合、1万円の手数料だけで専門の弁護士や建築士による迅速な紛争処理(斡旋、調停、仲裁)などが受けられます。

※掲載の室内写真はモデルルーム(Eタイプ)にて撮影されたものです。(平成29年5月撮影)家具・調度品・オプション等は販売価格に含まれておりません。